• imabari
  • 地方創生
  • 瀬戸内の潮流に乗り、海賊気分を味わえる!村上水軍ツアーの企画を全国へ!
CATEGORY 地方創生
2020年10月21日

瀬戸内の潮流に乗り、海賊気分を味わえる!村上水軍ツアーの企画を全国へ!

愛媛県今治市を中心にフードサービスやロードサービスなどの事業を展開している株式会社瀬戸内しまなみリーディング。

今回、このプロジェクトでは「瀬戸内の潮流に乗り、海賊気分を味わえる!村上水軍ツアーの企画を全国へ!」というテーマで、しまなみエリアを舞台に様々なチャレンジを続ける同社が、全国からワーケーション(ワーク&バケーション)で愛媛県今治市に来られる様々な企業のみなさんとコラボレーションしながら、観光資源のブラッシュアップに挑戦していきます。

舞台となるのは、能島(のしま)。瀬戸内海のほぼ中央、大島と伯方島の間に浮かぶ無人島で、かつて日本最強の海賊と呼ばれた能島村上水軍の本拠地があった場所です。ベストセラー小説「村上海賊の娘」でも有名になりました。 現在は、観潮船に乗って約40分間、非日常を体感できる爽快なツアーを提供しています。例えば、このツアーをより幅広い層に楽しんでもらうために、旅の前後に自宅で村上水軍の歴史を学べるVRツアーを開発したり、興味を持ってもらうためのプロモーションを企画したり…ということを、現地の潮の流れを体験頂きながら、一緒に考えたいと思います。

チャレンジャー

株式会社瀬戸内しまなみリーディング
 
場所:愛媛県今治市
  

 

取り組みの背景

「しまなみ地域の魅力をより多くの人に伝え、訪問者を増やし、地域全体を元気にして、ともに発展すること」を使命としている同社では、しまなみ海道開通以降、20年にわたり、地域の魅力を守り、つくり、伝え続けて来ました。そして、これから未来も、その想いは変わりません。近年、注目を集める「ワーケーション」は、地域活性の一つの鍵になると考えます。

今回、メインとなるプロジェクトは能島上陸ツアーの共同企画となりますが、その他にも地域の未来を守り伝えるために、飲食店における新たな名物料理レシピの開発や、バスの運行事業を行っているからこそ、今後必ず住民に必要となるMaaSの先行実証実験など、共に取り組みたい企画があります。

ぜひ、継続的に共同事業へ取り組める企業・個人の方々からの参加をお待ちしています!

チームメンバーの募集

  企画サポート

『能島上陸ツアー』の企画を全国にさらに広げていくにあたり、どのようなイベントとするべきか?訪問前後にどのような体験を提供できるか?継続していくためには何が必要か?…など、一緒に企画をサポートいただける方を募集します!

  商品開発

同社が取り組む様々な飲食店・物産店において、地域の魅力を新たな角度から伝えられる新商品の開発や、これの拡販について協力いただける方を募集します!

  MaaS実証実験

地域の交通を残し、新たな手段を切り拓くための取り組みとして、しまなみ街道エリアでMaaSの実証実験を共に行える企業・団体を募集します!

チャレンジャーの紹介

株式会社瀬戸内しまなみリーディングでは、高速バスの運営やインターチェンジの料金収受業務をはじめ、村上水軍の本拠地をめぐる水上ツアーの運営、四国のうまいもの八十八ヶ所巡りをコンセプトとした郷土料理の店『88屋』や、しまなみの景観を眺めながら地元の食材を味わえる『風のレストラン』の経営など、多岐にわたる事業を展開しています。

関連する記事